婦人

ピアノレッスンは勉強にも効果的|ピアノの種類とその特徴

引火性液体の取扱免許

文房具

消防法において、ガソリンや軽油などは危険物指定されています。それを取扱うためには国家資格である危険物取扱者免許が必要です。危険物は丙種・乙種・甲種に分けられ、ガソリンや軽油などの引火性液体は危険物乙4に分類されます。また、危険物甲種であれば、全ての類の危険物を取扱うことができます。最も利用されることの多いのは危険物乙4であり、その資格は高校生から取ることも可能です。危険物乙4は、日常的に利用することの多い液体が数多く分類されています。その種類は、車であればガソリンや軽油、家庭で利用するようなものであれば動植物油類などがあります。この資格は主にガソリンスタンドやタンクローリーの運転などの際に必要とされます。この資格は給料に加味されます。
資格を受験する場合には、近くの消防署から受験の願書をもらうことができます。また、人気資格だけに本屋などに行くと沢山の危険物乙4に関する問題集が販売されています。年々、問題の出し方が変わりますが、最新の試験のものを購入すると次の試験でより近い問題が出ることが多いです。また、申込みはインターネットから行なうこともできるようになっています。出てくる問題としては、各危険物の特徴や消火方法、法令に関する問題に分けられます。危険物を取扱う上では覚えておかなければならない引火点や発火点、運搬時の注意などが問題として取り扱われます。危険物乙4の液体は、私生活においてもほとんどの家庭で所持しているものであるため、覚えておくことで万が一の場合に役立てることもできるでしょう。